最新情報

2014年9月3日看護師の転職について
看護師として働く場合の夜勤について
2014年8月20日看護師の転職について
子育てをしながら看護師をしていくことについて
2014年7月10日看護師の転職について
子持ちの方でも看護師はできます
2014年6月24日看護師の転職について
残業なしの看護師に転職するなら介護がおすすめ
2014年6月1日看護師の転職について
看護師は復職しやすい

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

看護師として働く場合の夜勤について

看護師で働く場合、個人の小さな病院であれば当然夜勤はありませんが、入院患者をかかえている大きな病院だと夜勤がある場合がほとんどです。看護師は給料がすごくいいと聞きますが、実際は日勤のみの場合はそこまで高い訳ではなく、やはり夜勤をすることによりかなり給料が跳ねあがるのです。

夜仕事をすることにより深夜手当がつきます。深夜手当は病院によって金額に幅がありますが、だいたい准看護師で4000円、正看護師で6000円つくと言われてます。この金額はあくまで平均なので、もっと高い病院もあれば安い病院もあるので参考までに留めておいてください。

やはりバリバリ仕事をしてしっかりお金を稼ぎたいという方には魅力的なのではないでしょうか。しかし夜仕事をするということは、体にかなりの負担をかけることも事実です。不規則な生活になりがちになり、体調を崩しやすくなる場合もあります。ですので看護師で仕事をする場合は、何を重視するかで夜勤のある病院にするか、ない病院にするかを選ぶといいのではないでしょうか。

タグ

2014年9月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職について

子育てをしながら看護師をしていくことについて

看護師の仕事は夜勤もあり、残業もありでとても大変な仕事です。でも子供が産まれたからといって、せっかく頑張ってなれた看護師の仕事を辞めるのはもったいない、仕事を続けていきたいと思う看護師の方は多いのではないでしょうか。実際産休や育児休暇を取得し、期間が終わればまた病院の勤務に戻る方もたくさんいらっしゃいます。

ではどのようにして、仕事と子育てを両立していけばよいのでしょうか。いろいろと方法はあるとは思うのですが、まず産休や育児休暇あけのしばらくは、時間短縮で働いてみるのも一つの手です。いきなりフルタイムだときつい場合があるので、時間短縮を利用してまずは仕事と子育ての両立に、慣れることが大切なのではないでしょうか。

そして仕事と子育ての両立に慣れてこれば、またフルタイムや夜勤も視野に入れて行けばいいでしょう。子育てと仕事の両立は大変ですが、少しずつ慣らしていくことで、スムーズに仕事と子育ての両立が出来るのです。

タグ

2014年8月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職について

子持ちの方でも看護師はできます

現代においては、医療技術が発達していますので、早期に治療を受ければ大抵の病気は治すことが可能です。病気を治す際において頼るのが、看護師となっています。看護師については、電話対応や薬の調合など様々な仕事が存在しています。子持ちの方でも働けるように、施設によっては夜勤をしなくてもよいので安心です。

看護師が働ける施設については数多くありますが、給料などの待遇面が異なるので、事前に確認をしておくことが求められます。事前に情報を把握しておくことにより、就職後に後悔をすることがないので安心です。看護師に興味を持っている際においては、最寄りのハローワークなどに連絡をすることが重要となっています。

ハローワークの紹介であれば、就職できる可能性が上がりますので魅力的です。看護師については、非正規雇用となる場合が多いですが、時給が一般的な職業よりも高いことが魅力となります。基本的には、時給が千円以上となっています。

タグ

2014年7月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職について

残業なしの看護師に転職するなら介護がおすすめ

看護師の職業ときくと、非常にハードで、労働時間も長いというイメージを持っている人が多いと思います。確かに、時部の仕事が終わる提示が来てもその時の状況によっては帰れない時もあります。そのため残業が多めの職業というのは、間違いではないかも知れません。でも、残業なしの職場というのも探せばあるものです。その代表的な職場と言えば、介護関係です。有料老人ホームや、デイケアでの看護師の仕事は、ほぼ残業なしと言っても過言ではありません。

そのため、小さい子供がいる方や、絶対に残業はしたくないけど、正社員で働きたいというような人には、介護関係への転職がおすすめです。大きな病院ほど、通常勤務以外にも、レポート提出や勉強会などが多くありますので、定時に帰宅できる可能性は低くなります。また、クリニックとなると、働いている人数が総合病院に比べると、少ないので、残業もある程度仕方ありません。そうなると、やはり、残業なしの看護師なら、介護関係が一番おすすめです。

ただ、残業の多さは、職場の連携具合や上司の裁量によるところが大きいです。また、介護系ではなく看護をやりたいという方がほとんどでしょう。どうしても残業に対する不満が消えないというなら、転職するしかありません。下記のページでもナースの残業について詳しく解説されていますので、よく見てみてください。

残業が多い看護師のための求人・転職支援室【ナースの残業ラボ】

 

タグ

2014年6月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職について

看護師は復職しやすい

看護師という職業は復職がしやすいのです。なぜなら、看護師は慢性的な人材不足なので復職するチャンスが多いと言うことが言えます。また、人が住んでいる地域にはすくなくともひとつくらいは病院が立地されていることから、その需要の高さがうかがえます。つまり、看護師という職業はなくてはならない職業なのです。

ですから、他の職業と比べても復職を容易に行うことができるのです。そのため、女性であれば結婚、出産を経て看護師として復職するというケースが多くみられます。また、求人も世の中の景気にあまり左右されないので比較的安定した数がでています。

ですから、まずはハローワークや求人サイトなどを閲覧することによって、自分にあった求人を見つけることからはじめてください。そのときの注意点としては、自分の希望が通るような求人をみつけるまで粘ることが重要だということです。看護師の復職市場は売り手市場だということができます。まずは求人状況を把握してください。

タグ

2014年6月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職について

看護師の採用されることの責任と大変さ

看護師の採用で一番大切なことは勤続年数というよりは、それまでの経験値といえます。勤続年数は長くても、色々なところで働ける能力があることが大切なのです。その仕事場に合わせて行動できるというのは、採用されるときにはとても大切なことです。資格をもっているとさらに行動範囲を広げられて、採用枠も大きくなることがあるので、もっているといいです。

看護師の仕事は産婦人科と患者さんのいる病院とは違いがあります。それぞれの仕事にも特徴があり、資格も違いますが、産婦人科ではとても経験値は大切です。また、コミュニケーション能力も必要です。看護師は病院にはいなくてはならない存在です。医師だけで病院は成り立たないことをきちんと理解しておくべきです。

看護師という仕事を求人から採用される人は専門学校などを必ず卒業されている方たちで、とても優秀な方たちです。ですので、その能力は素晴らしく、また責任感のある方でなければ採用されることは難しいといえます。

タグ

2014年5月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職について

看護師がより良い条件で転職する方法について

看護師は肉体的にも精神的にも負担を伴う仕事であるため、より良い勤務条件を求めて転職を希望する人多いです。ある調査結果によると、実に八割もの人が転職を考えたことがあるという結果があるほどです。看護師は全国的に人手不足の状況が続いているため求人は比較的多いですが、好条件の職場を探すのは大変です。

特にハローワークや転職情報雑誌などに出されている公開求人では、残業や夜勤がないといった条件の良い求人はまずないと言って良い状況です。そこで、より好待遇の職場を得るには、非公開求人を探すのがもっとも良い方法と言えます。

非公開求人とは、文字通り一般に公開されていない求人のことで、主に看護師の転職専門サイトに登録すると見ることが出来ます。このようなサイトに登録するメリットは、こうした非公開求人情報が見られることだけでなく、専門のコンサルタントに転職について色々と相談しアドバイスを受けられることにあります。サイトによっては不得意な分野があったりするので、複数のサイトを活用した方がより情報が集めやすいです。

タグ

2014年4月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職について

看護師の求人を希望している方へ

看護師の求人に付きたいという方は、おそらく専門学校や短大を出て、資格をお持ちの方ばかりだと思います。最近は看護師のお手伝いで資格のいらない仕事もあるようですが、お給料のことを考えるのならやはりしっかりと、看護師の資格を取ることが一番でしょう。医療の仕事は今の世の中になくてはならないとても大切な仕事です。

医療費が国の大部分を占めてきていることからも、医療求人はこれからも増え続けるのだと思います。看護師のお仕事はとても大変ですがお給料は安定していますし、転職にも困らない職業です。結婚してからも続けられることから女性の看護師志望の方はとても多いと思います。

今は医療系の求人をサイトで簡単に検索することが出来ますから、自分の都合に合わせて転職してみるのもいいかもしれません。病院によって勤務形態も異なりますから、しっかりと調べたうえで働きやすく納得のできるお給料の病院を探してみるのも、自分のスキルアップのためにも大切なのではないでしょうか。

タグ

2014年3月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職について

人間関係で悩める、転職した看護師

いつの時代、どんな場所に行っても、人とのコミュニケーションは欠かせないもので、それは社会人として働く人間としても同じこと。どんな職場でも、人間関係はつきものだよね。転職をする社会人は多くなってきたけど、その原因の一つに、ハードな仕事内容などと並んで、人間関係がうまくいかないというものがあるね。

人間誰しも同じ考えが持てるわけではないから、このようなトラブルが生じてもはっきりとした解決のしようがないのも事実だ。だから、思い切って転職を決める人が多いんだろうね。子供の頃が憧れる職業の一つに、看護師というものがある。とても人気のある職業だけれど、その仕事内容は、良く言えばやりがいのある、悪く言えばハードなもの。

そこでさらに人間関係に悩んでしまったら、そのダメージはさらにおおきくなってしまうね。そんな悩める看護師さんは、人間関係に煩わしさを覚える前に、思い切って仕事に没頭するのも手だよ。当たり前のように見えるけど、全ての力を仕事に注ぐというのはなかなかできないもの。メリットはたくさんあるから、悩む前に行動してしまおう。

タグ

2014年3月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職について

看護師の40代の転職における方向性について

一般的に転職は40代に差し掛かると徐々に難しくなると言われますが、看護師の場合は経験値を問われる職場も多い事から、必ずしも転職を考える・実際に行う事が珍しい訳ではありません。とは言え、今後の方向性を定めて置く事は必須条件と言えます。

また40代であればこそ、見えて来る方向性もあるというものです。例えば大学病院や著名な病院においても、40代を対象とした求人は見られます。実際に採用されれば、夜勤も含めて第一線で活動する方向性が定まる事になります。しかし人によっては、そろそろ体力の衰えを感じていたりしてそうした働き方は敬遠したくなるのもまた、40代の転職です。そうした場合は病棟系の勤務を避け、日勤中心の職場に狙いを定めるのも手です。

また経験に伴う現場判断が重視されるという点で、デイサービスの分野に狙いを定める事も考えられます。或いは看護の現場から離れてしまうという方向性も考えられます。医療関係の一般企業であれば、看護師の知識を生かせるケースも多いので転職の対象とする事が出来ます。但し特にこうした転職の場合、看護師としての臨床スキルは今後使えなくなります。そうした意味でも先を見据えた選択が大切と言えるのです。

タグ

2014年3月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職について

このページの先頭へ