残業なしの看護師に転職するなら介護がおすすめ

看護師の職業ときくと、非常にハードで、労働時間も長いというイメージを持っている人が多いと思います。確かに、時部の仕事が終わる提示が来てもその時の状況によっては帰れない時もあります。そのため残業が多めの職業というのは、間違いではないかも知れません。でも、残業なしの職場というのも探せばあるものです。その代表的な職場と言えば、介護関係です。有料老人ホームや、デイケアでの看護師の仕事は、ほぼ残業なしと言っても過言ではありません。

そのため、小さい子供がいる方や、絶対に残業はしたくないけど、正社員で働きたいというような人には、介護関係への転職がおすすめです。大きな病院ほど、通常勤務以外にも、レポート提出や勉強会などが多くありますので、定時に帰宅できる可能性は低くなります。また、クリニックとなると、働いている人数が総合病院に比べると、少ないので、残業もある程度仕方ありません。そうなると、やはり、残業なしの看護師なら、介護関係が一番おすすめです。

ただ、残業の多さは、職場の連携具合や上司の裁量によるところが大きいです。また、介護系ではなく看護をやりたいという方がほとんどでしょう。どうしても残業に対する不満が消えないというなら、転職するしかありません。下記のページでもナースの残業について詳しく解説されていますので、よく見てみてください。

残業が多い看護師のための求人・転職支援室【ナースの残業ラボ】

 

タグ

2014年6月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職について

看護師は復職しやすい

看護師という職業は復職がしやすいのです。なぜなら、看護師は慢性的な人材不足なので復職するチャンスが多いと言うことが言えます。また、人が住んでいる地域にはすくなくともひとつくらいは病院が立地されていることから、その需要の高さがうかがえます。つまり、看護師という職業はなくてはならない職業なのです。

ですから、他の職業と比べても復職を容易に行うことができるのです。そのため、女性であれば結婚、出産を経て看護師として復職するというケースが多くみられます。また、求人も世の中の景気にあまり左右されないので比較的安定した数がでています。

ですから、まずはハローワークや求人サイトなどを閲覧することによって、自分にあった求人を見つけることからはじめてください。そのときの注意点としては、自分の希望が通るような求人をみつけるまで粘ることが重要だということです。看護師の復職市場は売り手市場だということができます。まずは求人状況を把握してください。

タグ

2014年6月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職について

このページの先頭へ